抽選方式で参加者を募集する

イベントの参加枠ごとに、参加者を通常の先着順で決めるか、抽選・指名をして決めるかを設定することができます。

先着順の場合は、申し込んだ順に参加枠が埋まっていくため、参加希望者は参加枠が埋まってしまう前に申し込む必要があります。そのため、参加希望者は「早い者勝ちだから、とりあえず申し込みしなきゃ!」と慌てて申し込みますが、後から予定が入っていたことに気がつきキャンセルせざるを得なかった…といった事が多くあると思います。

抽選の場合は、申込者全員に参加の可能性があるため、参加希望者は申込むかどうかをじっくり検討することができます。結果、キャンセルが減る効果が期待できます。

抽選について

    • 先着順の参加確定ではなく、イベント管理者によって設定された抽選発表日まで、参加可能か補欠になるかは確定されません。
    • 抽選発表日の0〜2時頃に、参加者決定の抽選処理が自動的に行われます。
    • 申込者には参加・補欠の結果がメール通知されます。
    • 抽選発表日以降の参加申し込みは、先着順となります。

指名とは

    • 抽選発表日の前ならば、抽選枠への申込者の中から、特定の申込者を「指名」して、優先的に参加させることができます。
    • 指名は、参加・補欠の並び順を上位に指定するものです。
    • 指名は、定員よりも多く指定することができます。補欠になったとしても、並び順は補欠の上位に入ります。
    • イベント管理者以外には、誰を指名したかは分かりません。
    • 詳しくはこちらをご覧ください。

抽選・指名で決定する参加枠を作る

1. イベント編集ページの「参加受け付け方法」にて、「内容を編集」をクリックします。

2. プルダウンから「抽選・指名」を選択します。

3. 抽選発表日を指定します。

  • 開催日時後の日付は入力できません。
  • 募集期間前の日付は入力きでません。

抽選処理は、指定した抽選発表日の0〜2時頃に行われます

設定した定員数に応じて参加者と補欠者が確定し、申込者全員に結果メールが送信されます。

※募集期間の設定と連動はしません。募集終了と同時に抽選する設定はありません。

※ 抽選発表日はイベント開催日1週間前などに設定し、参加者が余裕をもって抽選結果を確認できるようにしましょう。

4. 「保存」をクリックして、設定を保存します。

設定例)募集を締め切った後に抽選を行いたい

特別な理由がない限りは、申込者が確定してから抽選を行うこの設定がお勧めです。

  • イベント開催日時: 2016/02/08 10:00 〜 2016/02/08 14:00
  • 募集期間: 2016/01/01 10:00 〜 2016/01/31 10:00
  • 抽選発表日: 2016/02/01

抽選発表日は募集締切日時より後の日付に設定します。

2016/01/31 10時に募集が締め切られ、翌日02/01の0〜2時に申込者全員を対象に抽選が行われます。

参加者を指名する

抽選発表日以前の抽選枠ならば、優先的に参加させたい申込者を、指名することができます。

申込者管理ページかイベント編集ページから、指名ページにいくことができます。

指名ページは参加枠ごとにあります。

  • イベント非公開では「指名」は利用できません。
  • 抽選結果発表日の後に「指名」は利用できません。

指名ページでは、優先的に参加させたい申込者にチェックをいれて「保存」をクリックします。

これで、優先的に参加になる申込者を指名できました。

指名は抽選発表日まで何度でも変更することができます。

抽選結果の確認

抽選発表日の0〜2時に抽選処理が自動的に行われ、参加者・補欠者が確定します。

イベント管理者は、申込者管理ページで、参加者・補欠者の確認をすることができます。

イベントの抽選の参加枠に申し込んだ参加者には、参加/補欠の結果メールが送られます。