connpass API利用規約

第1条 目的

この利用規約(以下「API規約」といいます。)は、株式会社ビープラウド(以下当社」といいます。)がインターネットを通じて提供するクラウドサービス connpass(以下「connpass」といいます。)に係るアプリケーション・プログラミング・インターフェース(以下「connpass API」といいます。)を利用するお客様(以下「API利用者」といいます。)が遵守すべき利用条件を定めることを目的とします。 API利用者は、connpass APIの利用に際し、API規約のほか、https://connpass.com/about/api/(このページからのリンク先も含むものとし、以下「開発者ページ」といいます。)に掲載する内容および利用条件を遵守するものとします。

第2条 API利用者情報の登録

  1. API利用者は、connpass APIの利用に当たり、API規約に同意の上、当社所定の入力フォームに必要事項を記載し、conpass APIを利用してAPI利用者が提供するサービス(以下「利用者提供サービス」といいます。)の内容その他API利用者に関する情報(以下「API利用者情報」といいます。)を登録するものとします。なお、当社は、利用を問わず、API利用者の情報の登録を拒否することにより、当該API利用者によるconnpass APIの利用を拒否することができ、その理由について開示する義務を負わないものとします。

  2. API利用者は、前項の登録において、真正かつ正確な情報を登録するものとします。当社は、API利用者が真正かつ正確な情報を登録しなかったことにより生じた損害について、一切責任を負いません。

  3. 当社は、電子メール又は当社所定のウェブサイトにてAPI利用者への必要な通知を行うものとします。

  4. 第1項に定める登録完了後、当社がAPI利用者に対して書面又は電磁的手段を用いて見積書(形式等は問わないものとします。)を送り、API利用者が当該見積書の内容に同意することをもって、API規約を契約内容の一部とするconnpass API利用契約(以下「API利用契約」といいます。)が成立します。

  5. API利用者が所属する法人その他の団体(以下「法人等」といいます。)を代表又は代理してAPI規約に同意しconnpass APIを利用する場合、API利用者は、法人等の同意のもとAPI利用契約を締結しているものとみなされるとともに、API利用者の所属する法人等に対しAPI利用契約の効果を帰属させる権限および責任を有することを表明したものとします。この場合において、API利用者がAPI利用者の所属する法人等にAPI利用契約の効果を帰属できなかったときは、API規約に同意してconnpass APIを利用したAPI利用者がその一切の責任を負担するものとし、当社の選択により、API利用契約の履行又はAPI利用契約の取消しが実行されるものとします。

  6. API利用者と当社との間で締結されるライセンス条項又は合意事項として、connpass APIの利用に関する別段の定めがある場合は、当該別段の定めがこのAPI規約に優先されるものとします。また、API規約の定める事項とconnpass利用規約(https://connpass.com/term/)が定める事項との間に不一致又は相違があるときは、connpass APIに関する事項についてAPI規約の定めが優先するものとします。

  7. 当社は、API規約を任意に変更することがあります。変更後のAPI規約の効力は、API利用者に対して当社が定める方法により通知又はお知らせした時点より、API利用者および法人等に対する効力が生じます。

  8. API利用者がAPI規約の内容が変更された後も継続してconnpass APIを利用する場合、API利用者および法人等が変更後のAPI規約の内容に同意したものとみなされ、API利用者および法人等は変更後のAPI規約の内容に従わなければなりません。

第3条 当社の義務

  1. 当社は、connpass APIのバージョンをアップグレードする場合、下位のバージョンと互換性のあるconnpass APIの提供に努めます。また、connpass APIのバージョンをアップグレードする場合、一定期間の間、API利用者が最新バージョンのconnpass APIと下位のバージョンのconnpass APIを並行利用できるように努めます。ただし、セキュリティや運用上の問題等、当社がやむを得ないと判断した場合には、下位のバージョンと互換性のあるconnpass APIの提供をせず、又は、下位のバージョンの併行利用を禁止することがあります。

  2. 当社は、API利用者の同意なしにconnpass APIの一部又は全部を更新する場合があります。この場合、当社は、connpassに関連するウェブサイトに掲示する方法等にて通知します。ただし、法律、セキュリティおよび運用上の問題等により、当社がやむを得ないと判断した場合はこの限りではありません。

第4条 免責事項

  1. 当社はconnpass APIおよび金融機関のシステム等にエラー、バグ、不具合、中断その他の瑕疵がないこと、connpass APIにコンピューターウィルス等の有害情報が含まれないこと、並びにconnpass APIの正確性、信頼性、完全性、適法性、非侵害性、有効性、目的適合性等につき一切の保証をしないものとします。また、当社は、connpass APIに関する事象に起因してAPI利用者に生じた一切の損害につき責任を負わないものとします。

  2. 当社は、事前に通知することなく、当社のシステムメンテナンス、通信回線の不具合等やむを得ない事情によりconnpass APIの提供を中断又は停止することがあります。API利用者は、当該中断又は停止に関し、当社に対し補償を求めないものとします。

  3. 当社は、前項のほか、理由の如何を問わず、connpass APIの提供を終了し、又は利用者提供サービスの当社サイトへのアクセスを終了することができるものとします。この場合、当社は、connpassに関連するウェブサイトに掲示する方法等にて通知します。ただし、法律、セキュリティおよび運用上の問題等により、当社が止むを得ないと判断した場合はこの限りではありません。API利用者は、当該終了に関して、当社に対し補償を求めないものとします。

第5条 使用許諾

  1. 当社は、API規約等の定めに従うことを条件として、API利用者にconnpass APIを非独占的に使用することを許諾します。

  2. API利用者は、connpass APIの利用料金(以下「利用料金」といいます。)として、当社が別途定める料金を別途当社の定める支払期日および支払方法により、支払うものとします。当社は、月額(30日)又は年額の利用料金について請求書を発行し、API利用者は当該請求書に基づき、当社指定の銀行口座に振り込みにて支払うものとします。

  3. API利用者が、利用料金を滞納した場合、API利用者は、年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

  4. 契約期間は、API利用者が30日単位又は1年単位で選択するものとします。契約期間が30日単位の場合、期間満了日の5営業日前までに、1年単位の場合は期間満了日の30日前までに、API利用者又は当社のいずれからも書面による契約終了の申し出がない場合、契約は同一条件で自動的に更新されるものとし、以後も同様とします。

  5. 当社は、connpassAPIの利用につき別途定める内容の制約(アプリケーションの利用範囲、アクセス回数、アクセス時間、アクセスに関する表示を含むがこれに限られません)をすることができるものとし、API利用者はこれを承諾するものとします。

  6. API利用者は、当社がconnpassAPIおよび当社が提供する他の関連サービスの信頼性を確保する目的で、利用者提供サービスにおいて当該サービスの利用者(以下、利用者提供サービスの利用者を「サービス利用者」といいます)に提供するアプリケーションおよびAPI利用者が制作したウェブサイトを、クロールその他の方法でモニターすることがあること、およびこのようなモニターを妨害しないことに同意します。

  7. 当社はAPI利用者のセキュリティ、利用者保護、利用者提供サービスの提供若しくは経営状況が銀行の定める基準を満たしていない可能性がある又は本規約の違反があると客観的かつ合理的な事由により判断する場合、API利用者に対し、報告、資料提出若しくは立入監査を求め又はconnpassAPIの利用の制限若しくは停止を求めることができるものとします。

第6条 禁止行為

  1. API利用者は、以下の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。

  1. 法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為

  2. コンピューターウィルスを埋め込む等の方法により、当社又は第三者のソフトウェア、ハードウェア、通信機器等の適切な動作を妨害、破壊若しくは制限し、又はそのおそれのある行為

  3. 公序良俗に反する行為

  4. 当社又はその他第三者の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含み、以下「知的財産権等」と総称します。)、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為

  5. connpassを通じ、以下に該当する情報又は該当すると当社が判断する情報を当社又は他のお客様若しくはユーザーに送信する行為

  1. 過度に暴力的又は残虐な表現を含む情報

  2. コンピューターウィルスその他の有害なコンピュータープログラムを含む情報

  3. 当社、他のお客様若しくはユーザー又はその他の第三者の名誉又は信用を毀損する表現を含む情報

  4. 過度にわいせつな表現を含む情報

  5. 差別を助長する表現を含む情報

  6. 自殺、自傷行為を助長する表現を含む情報

  7. 薬物の不適切な利用を助長する表現を含む情報

  8. 反社会的な表現を含む情報

  9. チェーンメール等の第三者への情報の拡散を求める情報

  10. 他人に不快感を与える表現を含む情報

  1. connpassのネットワーク又はシステム等に過度な負担をかける行為

  2. connpassの運営を妨害するおそれのある行為

  3. 当社のネットワーク若しくはシステム等に不正にアクセスする行為、不正なアクセスを試みる行為

  4. connpass APIリファレンスに掲示された内容に反し、あるいは定められた範囲を超えてconnpass APIを利用する行為

  5. 逆コンパイル又は逆アセンブル等、当社のソフトウェアやconnpass APIを通じて提供されるプログラム等を解析するための一切のリバースエンジニアリング行為

  6. 第三者になりすます行為

  7. 他のAPI利用者のアカウント等を利用する行為

  8. 当社が事前に承諾しないconnpass上での宣伝、広告、勧誘又は営業行為

  9. conpassAPIを使用して当社と競合し又は競合するおそれのあるサービスを提供する行為

  10. 利用者提供サービスの制作にあたり、当社の商号又は商標と同一又は類似の文字列を含むURLを使用する行為

  11. インターネットアクセスポイントを不明にする行為

  12. 当社、他のお客様若しくはユーザー又はその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為

  13. 反社会的勢力等への利益供与行為

  14. 前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にする行為

  15. その他、当社が不適切と判断する行為

  1. 当社は、API利用者が前項各号に該当する行為を行っている場合又は該当する行為を行うおそれがあると判断した場合、API利用者に対して、利用者提供サービスおよびこれに関するサービスの全部又は一部の提供の停止、コンテンツの全部又は一部の削除を求めることができるものとし、API利用者は直ちにこれに従うものとします。

第7条 契約解除

  1. 当社は、API利用者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知又は催告することなく、当該API利用者についてconnpass APIの利用を一時的に停止し、又は利用契約を解除することができるものとします。

  1. API規約のいずれかの条項に違反した場合

  2. API利用者が当社と競合するサービスを提供していると当社が判断した場合

  3. 当社、connpassユーザーその他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法でconnpass APIを利用した、又は利用しようとした場合

  4. 手段の如何を問わず、connpass APIの提供を妨害した場合

  5. 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合

  6. 自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けたとき

  7. 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合

  8. 租税公課の滞納処分を受けた場合

  9. 6ヶ月以上connpass APIの利用がなく、当社からの連絡に対して応答がない場合

  10. その他、当社がAPI利用者として適当でないと判断した場合

  1. 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりAPI利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

  2. 本条に基づきAPI利用契約が解除された場合、API利用者は、当社の指示に基づき、当社から提供を受けたconnpass APIに関連するソフトウェア、マニュアルその他の物につき、返還、廃棄その他の処分を行うものとします。

第8条 知的財産権

  1. connpass APIに係る知的財産権(著作権、特許権、商標権その他の財産権を含みます。以下同様とします。)は、当社又は当該権利を有する第三者に帰属するものとし、API利用者は、API規約等に明示的に規定される場合を除き、いかなる権利も取得しないものとします。

  2. API利用者は、connpass APIに係る知的財産権を第三者に譲渡、賃貸、サブライセンスその他の処分をすることはできません。

第9条 データの取扱い

  1. API利用者は、connpassAPIを通じて取得したサービス利用者の個人情報(以下「利用者情報」といいます。)について、自己の責任および費用をもって適切に管理するものとします。なお、API利用者は、利用者情報の利用目的について、サービス利用者から事前の同意を取得するものとし、利用者が同意した利用目的以外の目的で利用者情報を利用してはならず、第三者に譲渡、販売その他の行為を行わないものとします。

  2. 当社はAPI利用者による利用者情報の管理が不十分であると認めるときは、当社が必要と判断する措置を講じるようAPI利用者に求めることができます。

  3. API利用者は、サービス利用者から要請があった場合、当該サービス利用者に関して当社から受け取ったすべての利用者情報を削除するものとします。

  4. API利用者は、利用者情報の取扱いにあたっては、個人情報保護法その他の法令、ガイドライン等を遵守するものとします。

  5. API利用者は、利用者情報を利用者提供サービスを提供する以外の目的に利用してはならないものとします。

第10条 秘密保持義務

  1. API利用者はconnpass APIの仕様、その他connpass APIの利用に際して取得した当社に係る情報(以下「秘密情報」といいます。)を、厳に秘密として保持し、当社の書面による事前の承諾なしに第三者に開示、提供、漏えいし、又はconnpass APIの利用以外の目的に利用してはならないものとします。ただし、利用者情報については、第9条の定めに従い取り扱うものとします。

  2. 秘密情報を受領したAPI利用者は、connpass APIを利用するために秘密情報を知る必要がある従業員に対してのみこれを開示するものとし、開示を受けた従業員が秘密情報をconnpass APIの利用以外の目的に利用し、第三者に開示、提供又は漏えいしないよう厳重に指導および監督しなければなりません。なお、当該API利用者は、API規約における自己の義務と同等の義務を従業員に課すものとし、従業員のすべての行為について一切の責任を負うものとします。

第11条 損害賠償

  1. API利用者は、API規約又は開発者ページに定める事項に対し違反したことにより、当社、connpassユーザー、他のAPI利用者又は第三者に損害を発生させた場合、当該損害の全額(弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。

  2. API利用者は、利用者提供サービスの提供および運営に関連して、サービス利用者又は第三者との間で生じたクレーム、請求その他の紛争について、自らの責任および負担において解決するものとします。

  3. API利用者は、利用者提供サービスに関してサービス利用者に損害が生じたときは、速やかにその原因を究明し、利用者提供サービスに係る利用規約に基づき賠償又は補償が不要となる場合を除き、サービス利用者に生じた損害を賠償又は補償するものとします。

第12条 反社会的勢力の排除

  1. API利用者は、次の各号の事項を確約するものとします。

  1. 自らが、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下総称して「反社会的勢力」といいます。)ではないこと

  2. 自らが、次の各号のいずれにも該当しないこと

  1. 反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること

  2. 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること

  3. 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的もしく又は第三者に損害を与える目的をもってするなどの不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること

  4. 反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの反社会的勢力の維持、運営に協力し若しくは関与している関係を有すること

  5. 役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること

  1. 自ら又は第三者を利用して、connpass APIの利用に関して次の各号の一に該当する行為を行わないこと

  1. 暴力的な要求行為

  2. 法的な責任を超えた不当な要求行為

  3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為

  4. 風説を流布し、偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為等

  5. その他前各号に準ずる行為を行わないこと

  1. API利用者が、前項の確約に違反したときは、当社は、何らの催告を要せずに、API利用契約を解除することができるものとします。この場合において、API利用者は契約解除により生じる損害又は損失について、当社に対し一切の請求を行わないものとします。

  2. 当社が前項に基づく契約時解除をした場合、API利用者は、当社に発生した一切の損害を直ちに賠償するものとします。

第13条 権利の譲渡

  1. API利用者は、当社の書面による事前の承諾を得ることなく、API利用契約上のAPI利用者の権利若しくは義務、又はAPI利用契約上の地位について、第三者への譲渡、承継、担保設定、その他一切の処分をすることはできません。

  2. 当社が、connpass APIに係る事業を第三者に譲渡し、又は当社が消滅会社若しくは分割会社となる合併若しくは会社分割等によりconnpass APIに係る事業を包括承継させたときは、当社は、当該事業譲渡等に伴い、API利用契約上の地位、権利および義務並びにAPI利用者に関する情報を当該事業譲渡等の譲受人又は承継人に譲渡することができるものとし、API利用者は、あらかじめこれに同意するものとします。

第14条 分離可能性

このAPI規約のいずれかの条項又は一部が無効又は執行不能と判断された場合であっても、当該判断は他の部分に影響を及ぼさず、本規約の残りの部分は、引き続き有効かつ執行力を有するものとします。当社およびAPI利用者は、当該無効若しくは執行不能とされた条項又は部分の趣旨に従い、これと同等の効果を確保できるよう本規約を速やかに修正するものとし、修正された本規約に拘束されることに同意するものとします。

第15条 準拠法と裁判管轄

このAPI規約は日本法に準拠するものとし、このAPI規約に起因し又は関連する一切の紛争については、訴額に応じて東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第16条 協議解決

当社および利用者は、API規約に定めのない事項又はAPI規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

第17条 存続条項

  1. 第2条第2項、第4条、第5条第3項および第7項、第6条、第7条第2項および第3項、第8条、第9条、第11条、第12条第2項および第3項、第14条乃至本条、および第18条の規定および条項の性質に鑑み当然に存続すべき規定は、本利用契約の終了後も有効に存続するものとします。

  2. 第10条の有効期間は、本契約期間中および本契約の終了後又は中止後3年間とします。ただし、当社およびAPI利用者協議の上、この期間を延長し、又は短縮することができるものとします。

第18条 その他

API規約に定めのない事項は、connpass利用規約の内容に準じます。API規約の内容とconnpass利用規約等の内容に相違がある場合には、connpass APIについてはAPI規約の内容を優先するものとします。

コミュニティ・個人向け個別規定

第1条 API利用者情報の登録

  1. API利用者は、connpass APIの利用に当たり、API規約に同意の上、当社所定の入力フォームに必要事項を記載し、conpass APIを利用してAPI利用者が提供するサービス(以下「利用者提供サービス」といいます。)の内容その他API利用者に関する情報(以下「API利用者情報」といいます。)を登録するものとします。なお、当社は、利用を問わず、API利用者の情報の登録を拒否することにより、当該API利用者によるconnpass APIの利用を拒否することができ、その理由について開示する義務を負わないものとします。

  2. 第1項に定める登録完了後、当社がAPI利用者に対して電子メール又は当社所定のウェブサイトにてAPI利用者への必要な通知を行うことをもって、connpass API利用契約が成立します。

第2条 使用許諾

  1. コミュニティ・個人として登録されたAPI利用者は、connpass APIを無償で利用できるものとします。

  2. 契約期間は、無期限とします。API利用者又は当社のいずれからも書面による契約終了の申し出がない場合、契約は同一条件で自動的に更新されるものとし、以後も同様とします。

第3条 その他

コミュニティ・個人向け個別規定に定めのない事項は、API規約の内容に準じます。コミュニティ・個人向け個別規定の内容とAPI規約等の内容に相違がある場合には、コミュニティ・個人向け個別規定を優先するものとします。

2024年4月22日制定
2024年5月10日改定