領収データを発行する

有料(前払い)イベントの場合、イベント参加費の領収書は、PayPal によって発行されるものになります。経理上、それだけではご利用いただけない場合などのために、イベント管理者の設定によって、領収データを発行することが可能なイベントがあります。

領収データ発行のながれ

  1. イベント管理者が、有料(前払い)イベントに領収データ発行の設定を行う。主催者の設定手順について の詳細は こちら
  2. 参加者が PayPal で参加料を支払ってイベントに参加する
  3. 各参加者がイベント詳細画面から、領収データを発行する

領収データの発行

有料(前払い)イベントに参加した参加者は、イベント詳細画面から、宛名を入力した後、領収データを表示することができます。参加者自身で表示画面を印刷するなどして、利用してください。

また、印刷した領収データが経理精算などにご利用できるかどうかは、ご自身でご確認ください。

イベント詳細画面(PC)

イベント詳細画面(スマートフォン)



イベント詳細画面の「領収データを見る」ボタンをクリックすると、初回のみ、宛名入力画面に遷移します。

領収データに表示する宛名を入力して「発行」ボタンをクリックすると、「領収データ画面」に遷移します。なお、入力した宛名は、後から変更することはできませんので、ご注意ください。

以降、イベント詳細画面の「領収データを見る」ボタンをクリックすると、宛名入力画面は表示されず、直接「領収データ画面」に遷移するようになります。

領収データの表示内容

領収データに記載される内容は、宛名や発行者名、発行者所在地の他、金額や参加イベント名、参加枠名、受付番号となります。
  1. 宛名:
    参加者自身で入力したものが表示されます。変更はできません。

  2. 発行者名:
    イベント管理者が設定したものが表示されます。

  3. 発行者所在地:
    イベント管理者が設定したものが表示されます。